グアバ

今の家、パソコンの置いてある場所がイマイチ使い勝手が悪いため、ブログの更新に気力がいります。
やらないとずっとやらない。
そろそろ、真剣にパソコン用の机でも買おうかな。

--------------------

さて、今日はグアバのお話しです。
グアバ、食べた事ありますか?
私はタイに来るまでありませんでした。



まずは全体像から。大きいものはリンゴの一回り大きいくらい。
小さいものは琵琶を丸くしたくらい。わかりにくい表現。



記事を書く前にwikiで調べたところ、切った断面図がピンク色の写真が載っていました。
びっくり!!
というのも、タイで見るグアバの身は白いから。梨みたいです。
芯はないけれど、ちょっとざらざらした舌触りなどもまさに梨。リンゴじゃなくて梨なんです。

そのまま頂くのが日本人の発想ですが、タイではグアバを買うと必ずこんなものが付いてきます。



砂糖と唐辛子と・・・あと何が入っているんだろう?
もうちょっと複雑な味がするので胡椒とか塩とか入っているかもしれません。

とにかくこれが当たり前のように付いてきます。
これをちょっと付けながら食べる・・・らしい。

私も挑戦しましたが、あまり好きではありません。

グアバがあまり甘くない薄い味なので(もしかしてタイの人ってちょっと若いグアバが好きなのかも)
砂糖だけならおいしいかもしれないのですが、なぜこの調合か解らない・・・。

不思議な習慣です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック