バンコクのお水

バンコクでは水道水の状態があまり良くありません。
「浄水場を出たばかりのお水は飲めるけれども、水道管が良くない」という話を聞きます。

飲み水対策としては、お水を買うか浄水器を付けるという方法があります。
浄水器についてはレベルも色々あるでしょうし、なかにはシャワーなども軟水化して使っている人もいるようです。

私の場合は蒸留水をデリバリーしてもらっています。
本当はミネラルウォーターの方がおいしいのですが、お米を炊いたり、生野菜を洗ったりするのにもじゃぶじゃぶと使いたいのでこちらにしました。

ただね、お水のタンクボトルっていうと普通サーバーに逆さにして設置するって思いませんか?
そして蛇口のようなものをひねるとお水かお湯が出てくるっていうもの。
これがお水のデリバリーの世界標準だと思っていました。

が、ここバンコクの、少なくとも私が注文しているお水は違うのです。

灯油ポンプのような電池式のポンプをボトルに直接さして吸い上げて使うのです。

もちろん、ホームセンターやカルフール等で冷水とお湯が出てくるサーバーは売っています。
けれどそもそもお水のボトルの口に中栓が全くないのです。

これでは一体どうやってボトルを逆さまにすればいいのでしょう・・・
だって、ボトルの口、空きっぱなしなんですよ。重さは18キロくらいあるんですよ。
これをどうやって一人で逆さまにしてサーバーに上手に載せる事が出来るのか、誰か教えて下さい。

実は私は以前からお水を買ってたので、サーバーを持っています。
ボトルの口の大きさはちょうど良く、うまくボトルさえ載せられれば、使い続ける事が出来ます。

でもね、これってかなり大変。
どんなに勢いよく乗せてもやっぱり床が水浸しになります。

これって、だれも文句いわないのかしら。
タイ人は何とも思わないのかしら。
外国人達はあきれたりしないのかしら。

すっごい不思議。
すっごい不便。
お水の単価が上がっても良いから、改善願いたいです!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック