マッサージ =004=

先週施術を受けたのはDr.Feetというお店。
ここはタイ式ではなくツボ押しタイプの足マッサージで有名です。
店内では反射区表を渡され、痛いというとココが悪いのですよと指を差して教えてくれます。

私が行ったときは白人の男性(A)が一人音楽を聴きながらツボ押しを受けている最中でした。
彼はタイ語でツボ師?と会話をしたりしているためかなり在タイが長そうです。

ところでツボ押しタイプのマッサージって受けた事ありますか?
かなり痛いです。脚が反射的に逃げたり、「げっ!!」って声が出そうになります。
私も何度も反応してしまいました。

なのにその白人男性(A)ったら全く反応がないんです。
ごりごり押されているのに平然と音楽を聴いている。目を閉じてさえいるんです。どういうことでしょう。


と思っていたところもうひとり120キロくらいある白人男性(B)が入ってきました。
彼も足マッサージを受けるようです。

私の担当者は女性だったのですが、Bの担当者は男性になりました。
Bはタイ語を話すわけではなく、マッサージを受ける事自体がなんだか楽しそう。
ツボ押し前に脚をふかれたりすると笑ったりしています。

さあ、施術が始まりました。
様子をうかがっていたのですが、なんと彼も何の反応もしないんです。
ビクリともしない。
目を閉じて眠ってしまいそうです。

どういうことなんでしょう。
彼らは二人とも何処も悪くないんでしょうか。120キロくらいあるその男性の方が、私より健康だとでも言うのでしょうか?
そんなこと信じたくありません。

けれど反射区表によれば、私は肝臓も腎臓も子宮も前頭葉も尾てい骨まで悪い事になっています。
満身創痍ってことでしょうか。もう体ボロボロなんですかね。

ああ、それとも彼らは脚の皮や肉が東洋人に比べ厚いのでしょうか。
だからきちんとツボに入っていないってことなんでしょうか。

う~む、そんなこともないような気がします。ツボ師は真剣に指の関節をつかってごりごり押しているのが見えるのです。

狭い店内にお客が三人。
私と両隣が期せずして白人男性。
声を上げているのは私だけ。目を開けているのもわたしだけ。

なんだか不思議な空間でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック